Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯の根の治療 ラバーダム 顕微鏡

根管治療2/6 治療前の清掃 ラバーダムとマイクロスコープを必ず使います。

根管治療2/6 治療前の清掃 ラバーダムとマイクロスコープを必ず使います。

歯の根の治療(根管治療)前の準備

お口を開けて頂いて、いきなり根管治療などありえません。

  • 麻酔、
  • 歯の外側の清掃、
  • ラバーダムと、

前準備は必須です。

麻酔

麻酔は痛くありません。処置も無痛下に行えます。
麻酔が効くのを待つ間に、下の清掃を行います。

清掃

上記写真のように、歯をブラシで清掃し、歯面に付着した菌を落とします。
根管内に菌が入らないようにするためです。

研磨剤を併用した方が効果的との報告があります。

お口の中には、歯に付着している菌(プラーク)、唾液中の菌など、菌が沢山います。
よく掃除された歯でなければ、器具が歯の表面にちょっと触れただけでも、器具に菌が付着します。
その菌が根管内に入っていくので、根管治療の失敗につながります。
いったん成功したように見えても、後から再発したりするのです。

根管治療にラバーダムは必須です

ラバーダムをしないだけで、根管治療の成功率が40%も低下するのです。
逆に、ラバーダムをすれば、成功率が40%上がるのです。

根管治療前の、清掃とラバーダムがとても大事という事が分かります。

目的
  • 根管内に菌が入らないようにする
  • 根管内に用いる器具に菌を含む唾液がつかないようにする
  • 薬液が口内に漏れないようにする


消毒

ヨード+エタノールで消毒します。
最近では、クロルヘキシジンを使います。
いよいよこれから、普通は入ってはいけない、歯の内部に入っていくのです。

ラバーダムとは防湿防菌シート

薄いゴムでできています。

  • 呼気の湿気
  • 唾液中の雑菌
を遮断する防湿防菌シートです。

再根管治療のご相談が時折あります。
歯の痛みや化膿で何年も困っておられます。

このようなお話を聞いているうち、
ラバーダムや顕微鏡を使わない医院で、神経を取る治療や、根管治療は、
なさらない方が良いのではないかと思うようになりました。

ラバーダムをしないで根管治療をすると、

唾液中の雑菌が手や器具に付き、それが根管内に入ってしまい、
治療後の化膿につながるのです。

最低限、ラバーダムの必要があると思います。
当院は、根管治療では、100%、ラバーダムを使用します。

ラバーダムの効果

ラバーダムがあった方が治療成績がよいからです。
唾液中の雑菌は、根管治療の予後成績を低下させます。

根管治療の成功率。

  • ラバーダム使用:約90%(抜髄時)、
  • ラバーダム使用しない:約50%以下(抜髄時) 。
根の治療には、雑菌を遮断するラバーダムが、ぜひ必要という事になります。

その他の効果

  • 器具や薬剤による傷害を防ぐ
  • 術者の視野を確保する
などの効果があります。



この例の
年代・性別   40代女性
治療法     根管治療
デメリット   時間がかかる
治療時間 回数 2時間1回 × 必要回数分
費用      60,500   × 必要回数分


根管治療
https://alpark-dental.com/rootcanal_price

セラミック冠
https://alpark-dental.com/ceramic_price

の費用が必要となる事があります。


一覧へ戻る

この記事を書いた人