root canal 
根管治療

  • TOP
  • 根管治療
  • 01
  • 歯の神経の治療 歯の根の治療 根管治療
歯茎に白いできもの

「歯茎に白いできもの」 根の先の化膿です。

歯の神経の治療 歯の根の治療 根管治療は、根の先の化膿を治療します。
  • 02
  • 歯の神経の治療 歯の根の治療 根管治療 概要
以下は、感染根管治療を、簡略化して、ご紹介するものです。
実際の感染根管治療は、時間と回数が必要です。

感染根管治療が必要です。

上の写真の、プチッとした「できもの」が、膿の出口です
膿がたまると、体調の悪い時になどに痛んだりしながら、体積を増し、膿は出口を求めて迷走し、歯茎からあふれて出てきます。
それがあの「できもの」です。

根の先が化膿しているからです。

過去、神経を取った後、根の先に菌が残っていると、何年か後に化膿してくる事があります。
季節の変わり目や、体調が悪い時などに、痛んだり、膿が出たりします。

歯の神経・感染根管治療、歯内療法の実際

顕微鏡による根管治療 ラバーダムをします。

防菌・防湿シートラバーダムを装着し、治療準備をします。
ラバーダムをします

顕微鏡による根管治療 髄腔開拡

歯の噛み合わせから、歯の中心へ必要最小限のアクセスホールを作ります。
根管が2つあるのが見えます。
根管が2つあるのが見えます

顕微鏡による根管治療 根管長の測定

根の中に細いワイヤー(Kファイル)を通し、レントゲンで長さが合っているか確認します。長さはぴったりです。
2根管ですから、Kファイルは2本入っています。
根管長の測定

顕微鏡による根管治療 根管拡大

根の中を必要最小限の太さに拡大し、作業しやすくすると共に、根管壁を清掃します。
2本の根管は根の先で合流していましたので、1本の根管になりました。
根管拡大

顕微鏡による根管治療 根管充填

根の中を消毒後、根管充填剤で根の中を詰めます。
根管充填

顕微鏡による根管治療 レントゲン確認

根管はピッタリと充填されています。
根の先、左側に側枝と呼ばれる分岐に、細く枝分かれ状に根充剤が入っているのが分かりますでしょうか?
このような根管充填が目標です。
治癒を確認して、コンポジットレジンを充填します。
レントゲン確認

顕微鏡による根管治療 コンポジットレジン充填

まるで虫歯がなかったかのように自然に仕上がります。

顕微鏡による根管治療 終了

以上の様な治療を、歯の神経の治療、根管治療、歯内療法と言います
このように、根管治療に顕微鏡を用いることは、治療上、非常に効果があります。
顕微鏡による根管治療

根管治療後。化膿が治ったところ

治療後は、膿の出口「できもの」がなくなっています。
化膿が治ったところ
もっと読む閉じる
  • 03
  • 歯の神経の治療 歯の根の治療 根管治療 詳細 種類
各ステップをご覧ください。
1、感染根管治療前の、う蝕の除去  C1-7用ブログ-1 根管治療前のう蝕除去
2、根管治療前に、麻酔、清掃、ラバーダム、消毒C1-7用ブログ-2 根管治療前の清掃 消毒
3、根管形成  C1-7用ブログ-3 根管形成
4、根管洗浄  C1-7用ブログ-4 根管洗浄
5、細菌培養
6、根管貼薬
7、根管充填  C1-7用ブログ-5 根管充填
8、コア  C1-7用ブログ-6 コア
(9、セラミックの被せもの) ブログ セラミック かぶせもの

歯の神経・感染根管治療、歯内療法の実際

神経を取る(抜髄)

深い虫歯で、歯の神経に菌が入り、歯が痛む場合
覆髄処置で治りきらなかった場合などです

根や根尖周囲の化膿を治す(感染根管治療)

レントゲン上で、根の先(根尖)に黒い影が見られる場合
根尖が化膿している事を示す場合があります
根の中に、根管充填剤が十分に充填されていない場合など

根の先を切断し、感染部を除去する(歯根端切除)

根管治療で治りきらない場合
根尖病変が大きい場合など
上記の小手術が必要な事があります (根管内細菌検査による、根管充填の時期の判定)
  • 04
  • デメリット・副作用・ご注意点

ラバーダムが必要になります。

治療回数がかかる治療です。

・治療が難しい事が多いからです。根管は、単純でまっすぐな管ではありません。
・細かったり、曲がっていたり、閉鎖していたりという異常がよくありますので、とても治療に時間がかかります。

治療後、痛むときは、鎮痛剤を服用ください。

・数日は痛むことがあります。

レントゲンを用います。

・根は骨の中にあるため、目で見る事ができません。術中、術後に、レントゲンを数枚撮影する必要があります。

ファイルという細長い針金が、折れる事があります。

・もし折れた場合は、除去するよう努力します。
・まれに、除去できない事がありますが、よく消毒して、防腐剤で根管充填し、その歯を使っていく、または歯根端切除が必要となります。

根管治療で治りにくい場合は、歯根端切除や抜歯が必要になる事があります。

・根尖の病変が大きすぎる場合は、治りが悪いと言われています。
・病変部が膿を持つと、膿石が、根の外側に着く事があります。これは根の外面なので根管治療では、取り除けません。

その他。

・根尖の病変がどの位の早さで進行するかは、不明な事が多いと思われます。
・元気な時は何もないが、体調が悪いと化膿し、口の中に膿が出る事もあります。
・長く放置すると、膿石が根外面にでき、治りにくくなる事も考えられますので、早めの治療が望まれます。

歯を削ります。

・根管に器具が届くように、歯の中央に大きな穴ができます。
・根管内は、各種の器具が入る太さに拡大されます。
・冠を作る場合、冠の厚み分の削除が必要です。
・神経を取った歯はもろくなると言われていますので、歯の内外から接着して補強します。

歯の補強

・歯の内部はコアを接着し、
・歯の外部からクラウンでくるむ様に接着して、歯を守る方法がとられます。
(当院では、大きな虫歯でも、間接覆髄により神経を生かす治療をしていますので、神経を取る(抜髄)事が、非常に少なくなっています。)
  • 05
  • 代替案

4-1、放置、観察。

・放置やただ観察するのは、病状を悪化させることがあります。

4-2、抜歯

・保存できる歯を抜くのは好ましくありません。

4-3、根管治療せずに冠だけ作る。

・先に根の治療を済ませて、修復物を製作するのが望ましいと思われます。
・根の治療をするためには、歯の頭(歯冠)に穴をあけなければいけません。
・先に修復物を作ってしまったのでは、後から根の問題が起こった時、修復物を壊す事になりますので、修復物だけを先に作るのは得策ではありません。
  • 06
  • 治療範囲 治療期間 回数

治療範囲

・問題の歯の、歯の頭(歯冠部)から根の先(根尖)まで、治療が行われます
・歯根端切除の場合は、歯茎の外側を切開し、悪い根の先を切り取ります

治療期間

来院頻度によります。

期間 回数

前歯、3-4回程度
小臼歯、4-5回程度
大臼歯、6-7回程度

治療ステップ

◯STEP.1
修復物や虫歯の除去と、隔壁の作成。
修復物や虫歯を除去し、清潔な根面を得ます。菌が入らないようにする壁(隔壁)を作り、仮の冠を作ります。

◯STEP.2
根管拡大、根管洗浄。根間内の充填物や汚物を除去します。

◯STEP.3
根が複数ある歯は、それぞれの根管に、根管拡大、根管洗浄を行います。

◯STEP.4
細菌検査をし、根管充填。清潔になった根管を、充填剤で封鎖します。

◯STEP.5
コア。
歯の内部の空洞に、ファイバーポストによる芯と、接着性レジンにより、内部を固めます。
仮歯を作ったり、歯の型を取ったりします。

◯STEP.6
この後、セラミックの修復処置が必要です。
  • 07
  • 治療費 分割払い 医療費控除

1回2時間 56,000円 - 60,000円程度

分割払い 例
500,000円 60回均等 初回10,800円 月々 9,600円
500,000円 84回均等 初回11,950円 月々 7,200円

1,000,000円 60回分割 初回 21,600円 月々 19,200円
1,000,000円 84回分割 初回 15,600円 月々 16,500円

※アプラス カンタンローン計算で 2020年 調べ
※上記は一例です。正確な分割額は、お申し込みの時にご確認くださいませ。
  • 08
  • 土日も診療しています。

土日も開いています。

詳しくは下記のボタンから。