pulp capping 
覆髄

  • 01
  • 歯の神経を守る治療(間接覆髄)
歯の神経を守る治療
神経を守る 神経を抜かない 治療です。
  • 02
  • 覆髄法とは
深い虫歯でも、薬を入れて待てば、神経を残す事ができます。
間接覆髄といいます。
軟化象牙質の無菌層を、再び硬くして(再石灰化)、歯の一部として使えるようにする(間接覆髄)治療です。
(虫歯で痛みがある場合は、神経を取る治療になる事が多いでしょう。)
  • 03
  • 間接覆髄(神経を残す)と、抜髄(神経を抜く)の比較
横にスクロールすると、全体をご確認いただけます。
    • 1回目 間接覆髄+レジン充填
      間接覆髄レジン充填
      虫歯があります。中で虫歯が広がっています。
    • 1回目 抜髄+クラウン
      抜髄+クラウン
      アクセスのための穴を開けます。
    • 虫歯(軟化象牙質)を除去
      虫歯(軟化象牙質)を除去していきます。
      神経に近いのでこれ以上取れません。
      まだ虫歯は残っています。
    • 歯髄を傷つけ出血
      無理に軟化象牙質を除去すると、歯髄を傷つけ出血します。
      大人の歯髄tは傷に弱く、激しい痛みの後、歯髄が死んでしまいます。
    • 間接覆髄
      間接覆髄
      虫歯を残したまま、薬を入れ、数ヶ月待ちます。
    • 直接覆髄
      直接覆髄
      露出した神経に薬をのせ、数ヶ月待ちます。
    • 抜髄1抜髄2
      抜髄
      神経を全部取り、薬を入れ蓋をします。
    • 2回目 コンポジットレジン充填 インレー充填
      インレー充填
      中は、虫歯だった部分が硬化しています。
      神経を残す事に、成功しました。
    • 2回目 根をつめる(根管充填)
      根をつめる
      露出した神経に薬をのせ、数ヶ月待ちます。
    • コンポジットレジン充填
      コンポジットレジン充填が終わりました。
      詰め物(インレー)の型を取る
      詰め物(インレー)の型を取ります。
    • 3回目 インレーをセット
      インレーをセットインレーをセット
    • 3回目 土台(コア)を作り、冠(クラウン)の型を取ります
      土台(コア)を作り、冠(クラウン)の型を取る
    • 神経を残せました
    • 冠方式冠方式
      穴の部分だけの詰め物では、この様に葉が割れやすく、割れ方によっては使えなくなるので、冠方式が用いられてます。
    • 4回目 冠をセット
      冠をセット冠をセット
      治療回数が多くなり、歯は神経を取ったので、もろくなる。
    • 神経を残せませんでした
  • 04
  • 軟化象牙質について
虫歯内部では、象牙質が溶かされて軟かくなって(軟化象牙質)います。 軟化象牙質は、2種類に分かれます。
  • 感染層

    軟化象牙質の浅い部分。
    菌がいますので、除去します。

  • 無菌層

    軟化象牙質の深い部分。
    菌はいません。

軟化象牙質について

無菌層も、通常の虫歯治療では、除去。
柔らかく歯科材料が接着しないため、接着を期待する治療では、除去が望ましいでしょう。
また、他院の修復物を除去した際、内部に虫歯が残っている事が非常に多いのです。念のため、軟化象牙質はすべて除去する方が、望ましいと思われます。

無菌層は、間接覆髄では、残す。
数か月すると再石灰化(硬くなる)の可能性があります。 この性質を利用して、虫歯の穴と神経との間の壁が、再び硬くなった事を確かめ、残った軟化象牙質は除去し、神経を守ります。

  • 05
  • 覆髄法の種類
覆髄法には、
1、直接覆髄、
2、間接覆髄、
3、暫間的間接覆髄(IPC)法 (2を数回繰り返す方法)
があります。
  • 06
  • デメリット・ご注意点

歯がしみる事があります。

ひどい場合は、鎮痛剤で痛みを抑えましょう。

ひどい場合は、鎮痛剤で痛みを抑えましょう。

数回かかる場合は、暫間的間接覆髄(IPC)法と言います。

間接覆髄で、神経が露出(露髄)した場合、直接覆髄を行います。

神経の形は一部突き出した部分があります。髄角と言います。この位置は、人によって違うため、思わぬ所で露髄する事があります。万一、露髄した時には、直接覆髄して、神経を残すように努力します。

直接覆髄や間接覆髄の後、神経がダメになる事もあります。

結果は、神経のダメージや回復力によります。

神経が死んだ場合は、抜髄が必要になります。

まとめ

間接覆髄法により、歯の神経を残す事ができます。
治療の優先度は、最優先です。
歯の神経を取る(抜髄)と、歯がもろくなるので、ぜひとも、神経を残したいものです。
当院では、ほとんど、抜髄する事がなくなり、多くの歯の神経を残す事に成功しています。
  • 07
  • 代替案

直接覆髄

神経を残すために行います。虫歯を除去する際、歯の神経がわずかだけ露出した場合に、行われます。
露出した神経を薬剤で被い、数か月待ちます。
MTA、コンポジットレジンのある種のボンディング剤などを使います。
観察の後、歯髄が生きていれば、修復処置をします。
歯髄が死んでいれば、抜髄を行います。
しかし、直接覆髄の成功率は、間接覆髄より低いと思われるため、歯の神経(歯髄)の保護を優先させるためには、間接覆髄が第一選択と思われます。

抜髄

大きな虫歯の中の軟化象牙質を、一度に取ってしまうと、髄角の部分が露出(露髄)する事があり、そのまま神経を取る(抜髄)事があります。 しかし、歯の神経を取る(抜髄)と、歯がもろくなったり、割れやすくなると言われているため、抜髄はできれば避ける方が望ましいと思われます。
  • 08
  • 治療範囲 治療期間 回数

治療範囲

1本の歯の、歯髄から虫歯(う蝕)表面までの、象牙質と軟化象牙質です。

期間 回数

間接覆髄は1回です。
修復処置まで含めると、2回から3回です。
1回目虫歯の除去と、間接覆髄
2回目以降覆髄剤と軟化象牙質の除去、通常の修復処置の治療回数が必要です。
  • 09
  • 治療費 分割払い 医療費控除

53,350円 間接覆髄の1回分

分割払い 例
500,000円 60回均等 初回10,800円 月々 9,600円
500,000円 84回均等 初回11,950円 月々 7,200円

1,000,000円 60回分割 初回 21,600円 月々 19,200円
1,000,000円 84回分割 初回 15,600円 月々 16,500円

※アプラス カンタンローン計算で 2020年 調べ
※上記は一例です。正確な分割額は、お申し込みの時にご確認くださいませ。
  • 10
  • 土日も診療しています。

土日も開いています。

詳しくは下記のボタンから。