Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯の根の治療 ラバーダム 顕微鏡

「根が悪いので、抜いてインプラントにしないといけない」と言われた歯 治療できた2

「根が悪いので、抜いてインプラントにしないといけない」と言われた歯 治療できた2

抜かなくて良かった

この歯は、根が悪いから、抜いてインプラントにしないといけないと言われていた歯ですが、
抜かないでも良くなりました。
マイクロスコープで、感染根管治療をしていけば、良い事が分かりました。
良かったですね。

不快症状の原因は、未処置の根管。


約1年半に渡って、痛みを繰り返していた下顎の4番です。
複数の歯科医院で治療なさいましたが、解決できませんでした。
主根管の根管充填剤が見えます。

発見した2本目の根管


根管内をよく精査しますと、内側(=舌側)に未処置の根管を見つけました。
この根管が原因で、痛みを繰り返していたと思われます。

ご相談下さい

このように、顕微鏡で内部を確認すると、内部の詳細が分かりやすいのです。
根管治療がどうなっているのか?
うまくいかない原因は何か?を確認することができます。
「根が悪いので抜歯をしてインプラントにしないといけない」等の事情の歯でも、残せた場合も経験しております。どうぞご相談下さい。

当院はインプラントは、積極的にはお勧めしません

根が化膿しているからと、抜歯をしてインプラントをお勧めするようなことはしません。
順当に根管治療を成功させ、その歯をずっと使っていける治療をしたいと思います。

インプラントの20年後を考えてください

インプラントをして、最初の数年はハッピーだと思います。
ですが、10年後20年後となるとどうでしょうか?
インプラント治療を受けられる方は、中年以降の多いでしょうから、その頃には高齢者・超高齢者になっています。
体力的に衰えた頃、インプラントがトラブルを起こし始める事もあります。
仮定の話ではなく、現在のご高齢者に発生している事です。

興味があり一度はやってみたいという方はいいと思います。
万人に100%お勧めできるとは思いません。

ですから、

歯を残す治療に力をそそいでいます

ご自分の今ある歯を長持ちさせたいという方がいらっしゃる限り、歯を残す治療に全力を注ぎたいと思います。
将来、再生治療が現実となった時、取り組みたいと思います。


この例の
年代・性別   40代男性
治療法     根管治療
デメリット   時間がかかる
治療時間 回数 2時間1回 × 必要回数分
費用      60,500   × 必要回数分




の費用が必要となる事があります。


一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。