Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯の根の治療 ラバーダム 顕微鏡

歯の根の治療 前歯 歯の神経の治療(根管治療)

歯の根の治療 前歯 歯の神経の治療(根管治療)

当院は、どんな根管治療もマイクロスコープを常時使って治療します。
このケースは、根の先が化膿しているため、根管治療を行いました。

前歯の冠を外した所です


神経のない歯は、冠を外すとこうなっているのです。金属の心棒(メタルコア)がセメントで装着されています。

メタルコアの除去


金属部分だけを削って、歯根からメタルコアを取り除きます。

メタルコアを除去した所


歯根に入っていた心棒の部分(ポスト)が、黒く変色しています。
内部はひどく汚れていたようです。

根管内は汚れています


セメントは無機質の硬いセメントですが、ボロボロに崩れています。

根管充填剤も汚れています


本来、清潔なはずの根管充填剤も、このように汚れています。
この菌、根の中の菌が、根管充填剤と歯根の間を浸み込んで、根の先まで到達するのです。

根管消毒


通法通り、根管拡大、洗浄、消毒を行います。

きれいになった根管


この写真では、暗くて良く見えませんが、根管はきれいになっています。

根管充填


根管充填剤(ガッタパーチャ)の小片を、熱で軟化して充填、圧接します。

根管充填後


緊密に根管充填できました。

以上のやり直し例では、
適切に消毒されているはずの根管が、とても汚れていました。

根管治療時に、無菌的操作が、行われなかったのでしょうか。

また、
根管充填後、前歯ですから仮歯をつけますが、
仮歯の不十分な接着のため、唾液や菌が浸み込んだのでしょうか。

いずれにしても、
最初の写真のしっかりしたように見えるメタルコアの下が、
こんなに不衛生だとは、想像できないですね。

根管治療には、マイクロスコープ(顕微鏡)と、ラバーダムが必須

マイクロスコープ(顕微鏡)は、内部の汚れをちゃんと見せてくれます。
適正な治療に役立ちます。

また、
マイクロスコープの写真は、
患者さんに、治療中の写真を見て頂き、納得の治療ができますし、
治療がうまくいかない原因もお見せする事ができます。

マイクロスコープで詳細に撮影されますので、
治療の失敗もすべて明らかになりますから、
不注意な治療は許されませんね。

ラバーダムをすると、
唾液など、お口の中に触れる事がなく、
誤って菌を根管内に持ち込む危険がほぼなくなります。



この例の
年代・性別   50代女性
治療法     根管治療
デメリット   時間がかかる
治療時間 回数 2時間1回 × 必要回数分
費用      60,500   × 必要回数分


根管治療
https://alpark-dental.com/rootcanal_price

セラミック冠
https://alpark-dental.com/ceramic_price

の費用が必要となる事があります。


一覧へ戻る

この記事を書いた人