Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 頭痛・肩こりが歯で治る,顎関節症

肩こり 腕の冷え、痛み、しびれは、歯で改善するかも(頚肩腕症候群)


肩こり 腕の冷え、痛み、しびれは、頚肩腕(けいけんわん)症候群といいます

首から、肩、腕、背中に、
痛み、しびれ、血行不良などがあり
疲労、倦怠も感じ
非常に、つらいですよね。
繰り返すことも、ご体験済みと思います。

本当の治療は?

など総合的なものと言えます

マッサージだけの治療に、
疑問をお感じになったら、
一度、ご相談くださいませ

頚肩腕症候群は、なぜ繰り返すのか・・・


マッサージして、一時的に良くなっても、
繰り返す事は、よくご存知でしょう。

  • 姿勢をよくする
  • 首や腕をまわす
  • 背伸びをする

などは、当然しておられますよね。
首を回す位で良くなるなら、悩みませんよねー。

結局、
根本が、変わっていないからです。

今までと違ったアプローチを試してみましょう。

新しいアプローチ それは、歯


これは、睡眠中の咬筋の筋電図です。
いつ、どの程度の力で、計何回、噛みしめているか、分かります。

同じ事が、首、肩の筋肉でも起こっているのです。
筋は、毎晩、ものすごい緊張を強いられ、
疲れ切っているのです。

ベースに、夜間の筋の過緊張があるから、

  • 昼間の対策をしても、改善しにくい
  • 一度改善しても、繰り返す

のです。


当院は、歯と噛みしめを、長年、みてきました。


噛みしめの癖のある方

ほぼ全員と言っていいほど、
肩こり、首こりを、併発しています。

昼に噛みしめる癖がある方は、特にひどいですね。
歯も、ダメージを受けています。

昼に噛みしめの癖がない方

夜、噛みしめているのです。

結局、
改善しにくい頚肩腕症候群の方は、
夜に噛みしめている可能性が高いとみています。

ちょっと待って、頚肩腕症候群との鑑別

以下は、器質的変化が起こってしまっていますから、
そちらの治療を優先ください

  • 変形性頸椎症
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頸椎後縦靭帯骨化症

など

変形性頸椎症

頚椎や椎間板が変性し、骨棘が生じ(骨のとげ)、神経を圧迫する

頸椎椎間板ヘルニア

クッションである「椎間板」が変形し、神経を圧迫する

頸椎後縦靭帯骨化症

靭帯が骨の様に固まり、神経が圧迫される

脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される

また、以下は別の病気ですから、そちらの治療を優先ください

疲労、倦怠の面からは、

慢性疲労症候群、副腎疲労、甲状腺機能低下症、貧血、慢性感染症、肝・腎疾患

しびれ・痛み

痛風、リウマチ、糖尿病、肝機能障害、老化、末梢神経炎、腫瘍、リンパ腺腫、甲状腺腫など
むちうち、五十肩、四十肩、ヘバーデン結節、尺骨管症候群、狭窄性腱鞘炎、手根管症候群、

関連痛

心臓、胆石など

当院の、歯科的アプローチ

  1. とりあえず、筋をゆるめます
  2. まず、根本問題にアプローチします
  3. 複合要因にアプローチします
  4. 効く可能性のある療法は併用し、効果を高める
  5. 破壊された歯・顎関節を、治します
  6. メンテナンスで、良い状態を保ちます

具体的には

  • マウスピースをして寝る
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療
  • 低血糖をコントロール
  • 気持ちのケア
  • 栄養療法
  • 筋のコリの理学療法(筋膜リリース、レーザー、温熱、ジアテルミー)
  • 噛む筋肉を弱める(ボツリヌストキシン注射)
  • 噛み合わせを調整
  • すり減った歯を治す
  • その他

詳しくは、こちらをご覧ください

一般的な治療

  • 薬物療法
  • 理学療法
  • 体操・運動
  • 温熱療法
  • 注射・点滴

とりあえず、
痛み止めを飲んで、マッサージするが
多いと思われます。

これらは、すでにご経験済みでしょう。

ここをご覧になっておられる方は、
一般的な治療の効き目に疑問をお持ちなのでしょうから、
説明は省きます。

薬物療法

  • 消炎鎮痛薬、
  • 筋弛緩薬

の服用

理学療法

  • 電気刺激療、
  • 関節可動域改善、
  • 筋力強化
  • 体操・運動

温熱療法

血行を良くする

  • 入浴
  • 温熱治療

注射・点滴

  • トリガーポイント療法 
  • 肩甲上神経ブロック

ぜひこちらをご覧ください



広島市西区

アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック


一覧へ戻る