Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯にひび 歯が割れた,顎関節症,睡眠時無呼吸 夜間低血糖

噛みしめ、歯ぎしり、歯のひび割れに、低血糖、無呼吸が関係している

噛みしめ、歯のひび割れと、夜間低血糖

噛みしめや、歯のひび割れの、根本治療は、これらを治療することになります
食いしばりで歯が割れた方の、
睡眠中のデータです


  • 無呼吸は軽度
  • 強い食いしばり、歯ぎしりが 、持続している
  • 血糖値は、低血糖状態が持続している

ひどい低血糖は、意識を失ったり、命に係わる問題でもあります。
ものすごい食いしばりなどが生じます。

噛みしめ、歯のひび割れと、睡眠時無呼吸

睡眠時無呼吸も、命に係わる問題です。

  • 数分でも呼吸が止まったら、死んでしまいます。
  • 重度の睡眠時無呼吸の生存率は、乳ガンの8年生存率より低い

ですから、
歯などどうなってもいいから、
顎を動かして、とにかく息をしようとする。
ものすごい力がかかり、歯が壊れる。
幸い生き残っても、歯はボロボロ・・・

噛みしめ、歯のひび割れと、逆流性食道炎

胃液が逆流しても、歯ぎしりの原因となるようです。

噛みしめの治療は、下記をご覧ください

虫歯じゃないのに、歯が痛い。原因と治療。

一覧へ戻る

この記事を書いた人