Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 虫歯になりにくい治療はこうする,歯の栄養療法,虫歯予防

歯のフッ素、毒性もあるかも。モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)等。

フッ化ナトリウム製剤の画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)などは、代謝阻害などの毒性がある

虫歯予防効果は沢山紹介されていますから、ここでは、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)などの毒性をご紹介します。

フッ化ナトリウム(NaF)は、胃酸でフッ酸になる

飲み込まれたフッ化物NaFは、
胃酸HClに合うと、NaClと、HFになります。
弱酸の塩と、強酸が出会うと、
強酸の塩と、弱酸が生じるという化学の定石です。
HFの脂肪溶解度は、ものすごく高く、瞬間的に組織に取り込まれるそうです。

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)も、フッ素を放出する

唾液やプラークなど、口内にあるフォスファターゼで加水分解され、
フッ素イオンをだすそうです。
その後は、フッ化ナトリウムと同様な、反応が起きると思われます。

フッ素は、エネルギー代謝(解糖系)を阻害する

解糖系とは

すべての生物が持つ、エネルギーを得る回路。


グルコースを分解し、
グルコースが持つエネルギーを、使いやすい形にする代謝経路のこと。
その結果、ピルビン酸が生成するというものです。

フッ素の阻害部位

解糖系の10段階のうち、9段階目を阻害。
9段階目では、
ホスホグリセリン酸が、ホスホエノールピルビン酸に変換されます。


フッ素は、この酵素、ホスホピルビン酸ヒドラターゼ(エノラーゼ)を阻害するそうです。

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなどが関係します。

こんな酵素だそうです

フッ素が阻害する酵素ホスホピルビン酸ヒドラターゼ(エノラーゼ)のイラスト,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

人間の解糖系も阻害される

多くのサイトに、
フッ素は、細菌の解糖系の、ホスホピルビン酸ヒドラターゼ(エノラーゼ)を阻害し、
細菌が酸を作るのを抑制すると書いておられます。

細菌の解糖系を阻害するなら、
人間の解糖系も阻害されるわけですが、
そのことについては触れられていません。

使われる量が少ないと、無視している、考えようとしていない
細菌の解糖系と人間の解糖系は違うと思っている、
人間の解糖系も阻害される事を知らない、
という事かもしれません。

今の所、
即時的に、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなどの
フッ素塗布なさった子供さんの代謝が阻害され、
エネルギー状態が低くなったという経験はありません。

しかし、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなどの影響が、
長期的にどうなのかは、分かりません。

実際の活用例

血糖値を測る際の、採血管は、
フッ化ナトリウムが添加されています。
赤血球が糖を使い、サンプルの血糖値が変るため、フッ素ナトリウムで赤血球の解糖系を阻害し、赤血球がエネルギー(糖)を使わないようにしているのです。 
フッ素は解糖系を阻害する。血糖用 真空採血管のイラスト,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック
上が、血糖用、真空採血管です。

だから、フッ素は、確実に解糖系を阻害します

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなどでも同様です。

フッ素は、低カルシウム血症を起こす

血中に入ったフッ素は、カルシウムと結合し、離れません。
そのため、血中カルシウム濃度が下がり、
ひどい時には、テタニー(けいれん)、麻痺が生じる。

フッ素は 甲状腺機能を低下させる

甲状腺に蓄積されているヨードは、

同じハロゲン族の元素と、競合関係にあります。
フッ素や臭素は、ヨードと席を奪い合い、
甲状腺のヨードレベルを低下させ、
甲状腺機能を低下させます。

以上の様に、
モノフルオロリン酸ナトリウムや、フッ化ナトリウムからのフッ素は、
代謝阻害などの危険性がないわけではありません。


水道水フッ素化による、癌発生への影響

フッ素化により
癌が増えたと考えられるもの

  • 口腔、
  • 咽頭、
  • 結腸、
  • 直腸、
  • 肝胆道、
  • 泌尿器、
  • 男性の骨がん
  • 脳腫瘍
  • T細胞系ホジキン病、
  • 非ホジキンリンパ腫、
  • 多発性骨髄腫、
  • 皮膚の黒色腫、
  • 単球性白血病など

減ったもの

  • 唇、
  • 皮膚の黒色腫、
  • 前立腺、
  • 甲状腺、
  • 胃など

Regression Analysis of Cancer Incidence Rates and Water Fluoride in the U.S.A. based on IACR/IARC (WHO) Data (1978-1992)
Kosei Takahashi, Kenji Akiniwa, Kenichi Narita
著者情報
キーワード: fluoride, cancer, incidence, epidemio
2001 年 11 巻 4 号 p. 170-179

下の様に、水道水添加の濃度で害があるとする、論文もあります。
IACR / IARC(WHO)データ(1978-1992)に基づく米国の癌発生率と水道水フッ素化の回帰分析。
国際がん研究機関
Regression analysis of cancer incidence rates and water fluoride in the U.S.A. based on IACR/IARC (WHO) data (1978-1992). International Agency for Research on Cancer
Journal of Epidemiology 11(4):170-9 • August 2001

また、オレゴン大学ライナスポーリング研究所から発祥した、分子栄養学では、

  • フッ素は糖代謝を阻害する
  • 甲状腺機能を低下させる

と習いました。

フッ素元素の毒性は、こちらをご覧ください

フッ素元素の おもしろい特性と 強い毒性

歯科用フッ化物の教科書的毒性

致死量

NaFとして5~10g(Fとして2.26~4.52g)
フッ素として、体重1kg当たり約45mg
フッ化ナトリウムとして、約70mgNaF/kg

急性毒性

2mg/kg

よく言われるのは、
「急性毒性を持つ量を飲もうとすると、大量で飲めないから、害はない。」
それは確かにそうです。

当院にお越しになる方が気にしていらっしゃるのは、
急性毒性などではなく、微量元素としてのフッ素の害なのです。

慢性中毒

歯のフッ素症

飲料水中に1~2ppm以上のフッ化物イオンを
6~8歳程度まで飲むと発生する。
(日本の水道水フッ化物濃度基準は0.8ppm)

日本の宝塚市は、歯のフッ素症で有名です。

骨フッ素症

10~20ppmのフッ素を、
10年以上毎日摂取した場合に発生する。

フッ素を歯に塗るかどうか?(局所塗布)

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなどを歯に塗るか?
ご選択にお任せします。

フッ素を水道水に添加するか?
明確に、反対です。
歯だけの狭い範囲ではなく、体や環境なども考慮した方が良いでしょう。

◎モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなどで、
虫歯予防をした方がいい方もおられるでしょうし、
◎フッ素を使わなくても、
虫歯予防できている方もおられます。

虫歯予防効果 
毒性
2つをお知らせし、ご自身のご選択に、お任せします。
(このページの以下をご覧下さい)

私自身には、歯科用フッ化物は使いません。

こちらもご覧ください(リンク)
フッ素元素の おもしろい特性と それゆえの毒性

医院として特に推奨しない理由

当院にお越しの方は、
自然派、健康オタクの方が多いから。
石鹸や食べ物など、自然な物を好む方が多いのです。

効果は分かった。
でも、
ライフスタイルとして、人工物は避けたい。
それはそれで、良いと思います。

フッ素賛成派のご意見

虫歯予防に効果があり、
毒性は、使う量が少ないので無視できる
だから、すべきだ!
と言う事が多い様です。

フッ素反対の方々は、

予防効果は証明されていない
毒性がある
陰謀である
だから、すべきではないと言っておられます。

歯科用フッ化物の虫歯予防効果

虫歯予防効果は、ほぼ証明されているのではないでしょうか?
二重盲検法のデータがあります。

フッ素を含む歯磨き粉の効果としては、
Jenson&Kohoutの、二重盲検臨床試験(上記)
対象、54歳以上の810人の健康な成人
フッ化物濃度、フッ化ナトリウムとして1,100 ppm
効果、歯冠(41%)と根面う蝕(67%)の発生率の有意な差が見られたそうです。

フッ素が効きにくい大人の歯でも、これだけの効果があるそうです。
Heifetz SB, Horowitz HS:The amounts of fluoride in current fluoride therapies: safety considerations for children, ASDC J Dent Child, 51(4), 257-69,1984

歯科用フッ化物の陰謀説

フッ素は、確かに、原子力産業で、ウラン235の濃縮に使われています。
六フッ化ウランは、常温で気化しやすく、ガスを遠心分離して、濃縮するのに便利なのだそうです。
それで、フッ素が廃棄物として余ったから、歯に使う事にしたと主張されています。
しかし、フッ素は、薬品、合成樹脂などに、産業的に大量に使われているものです。
わざわざ歯だけに転用しないと、余って、捨て場に困るモノなのでしょうか?
私は良く分かりません・・・

歯のフッ化物は、成分は何なのか?

モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)、
フッ化ナトリウム
などです。
歯に塗るフッ素は、
一般にフッ素と言いますが、
フッ素元素Fと区別するために、
歯科用フッ化物と言います。

何でも沢山飲めば、害になる

例えば、食塩

食塩の 推定致死量

0.75-3g/kg
体重60kgの人なら、45-180gで死亡。

食塩の 推定中毒量

NaCl0.5-1g/kg
体重60kgの人なら、30-60gで中毒

機序

●粘膜刺激作用、
●血漿浸透圧亢進
●細胞内脱水、
●脳細胞の脱水
上記による組織障害で呼吸停止などが起こる
日本中毒情報センターから引用
https://www.j-poison-ic.jp/system/pmasters/view2/?infoid=O08100

塩は、日常的な調味料ですし、必須のミネラルですが、
大量に飲むと死亡に至ります。
日本では、自殺企図で醤油の大量飲用が見られるそうです。
普段は、調味料として、安全に使えます

放射線

100%致死線量

100Gy以上の被ばくで、数日以内に100%死亡。

50%致死線量(半致死線量)

数Gy以上の被ばくで、50%が死亡。

微量だと、ラドン温泉など

また、一方で、
健康にいいと言って、好む人もいらっしゃるわけです。

また、少量・長期連用の害

ステロイドの例

少量でも長期間使うと、

  • 感染症
  • 骨粗しょう症
  • 動脈硬化
  • 肥満
  • 副腎機能低下

などの副作用があるそうです。

結局

  • フッ素で、虫歯予防したい
  • ライフスタイルとして、フッ素は避けたい
色んな方がおられます。

それぞれの方のお考えを尊重し、
中立的に、
対応させていただきます。

元素は、体に良い化合物、毒のある化合物、両方ある

フッ素(モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなど)
だけを取り上げて、害を強調するのも、
片手落ちな感じです。

また、
ある一つの元素を含む化合物は、多くの種類があります。
害があれば、無い物もあります。

セレンですと、

毒性のあるセレン化合物

無機セレン化合物の亜セレン酸は、メチル水銀と同等の毒性があります。

有益なセレン化合物

   有機Se化合物の、
セレノメチオニン、セレノシステインなどは、
食物に含まれるセレンの摂取源で、
抗酸化作用がある、必要なものです。

必須微量元素としては、

以下の様にたくさんの元素が必須栄養素です。

  • カルシウム
  • リン
  • 硫黄
  • カリウム
  • ナトリウム
  • 塩素
  • マグネシウム
  • フッ素
  • ケイ素
  • 亜鉛
  • マンガン
  • セレン
  • ヨウ素
  • モリブデン
  • ニッケル
  • クロム
  • コバルト
などがあります。

各ミネラルの元素は、
必須栄養素であると同時に、
足りなければ、欠乏症
多ければ、過剰症になります。
適正量がいいという、常識的な結論になります

歯科用フッ化物を使う時(モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなど)

  • 歯磨き粉に入っている
  • フッ素を塗る時

この2つがほとんどだと思います
お嫌いな方は、お気をつけください

結論

歯科用フッ化物は、上記を参考になさり、上手にお使いください。
(モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)や、フッ化ナトリウムなど)

もし、
体の調子が良くないのが、長く続く時は、

  • 歯磨き粉を使わずに歯磨きする
  • 歯磨き粉を、フッ素入りでない物に変えてみる
  • 牛乳を飲む

フッ素は、カルシウムと結合するため、
牛乳を飲んでおくのも、フッ素の影響を減らすために良いかもしれません。
(牛乳のカゼインも問題に上がりやすいものの一つですね)
そこで、

自然派の方の歯磨き粉

重曹の微粉末 歯磨き粉
を作りました!

こちらへ(リンク)

バイアス

とにかく人間は、

ご自分の信条に沿ったフィルターで物事を見るから、
自分に都合の悪い情報は、見えにくくなります。
都合の良い情報だけ集め、
都合の悪い事には、見ないふりをする。
自分にも起こり得ますから、
気をつけたいものです。

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
大切にしている事は3つ。1、ホリスティックな対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとしてとらえる。3、よりハッピーな人生になる。