Blog
ブログ

フッ素元素 おもしろい特性 それゆえの毒性


これは、食べた動物は死ぬという、フッ素を含む植物です

フッ素のおもしろい特性

1、生体は、フッ化物に気が付きにくい

水素と原子半径が似ていて、
一つの水素が、フッ素と置き換わっても、
生体は気がつかない
水素2つ以上が、フッ素に置き換わると、
別物と判断され、吸収されなかったりするそうです

2、他の元素にくっつくと、離れない

C(炭素)にくっつくと、離れない
電気陰性度が高いといいます
このため、分子の性質が大きく変わってしまう

3、強力な脂溶性

フッ化水素は、その強力な結合のため、脂溶性
細胞膜を、容易に通過し、体の深部に浸透する
フッ化水素酸は、手につくと、
最初は痛くないが、
深部の骨にまで浸透し、カルシウムと結合する
フッ化カルシウムを形成し析出するので、
猛烈な痛みが出る

4、だから、医薬品として、重宝されている

このため、フッ素は、
生体に取り込まれやすく、
分子の性質を変えるので、
医薬品にもなるし、毒物にもなる
医薬品業界で、とても注目されている元素です

歯科用フッ化物はこちらをどうぞ
フッ素の 虫歯予防効果 案外おおい危険性

強い毒性のある、フッ化物の例

猛毒

●フッ化水素、HF
●モノフルオロ酢酸、CH2FCOOH
モノフルオロ酢酸ナトリウム、CH2FCOONa(殺鼠剤)
●モノフルオロ酢酸アミド、CH2FCONH2(殺鼠剤)
●ω-フルオロ脂肪酸
(ω-フルオロステアリン酸,ω-フルオロオレイン酸など)
などです。

モノフルオロ酢酸

 

モノフルオロ酢酸の毒性は極めて強く、
青酸ソーダに匹敵するそうです。
モノフルオロ酢酸を含む植物は、40種類で、
オーストラリアの「ガスストロビウム」、

 

https://www.wikiwand.com/ja/モノフルオロ酢酸ナトリウム から引用
南アフリカの「ジフブラール」などがあるそうです。
これは、葉半枚で、牛が中毒死するほどの、強い毒。

機序

通常、酢酸は、
アセチルCoAとして、ミトコンドリア内のクエン酸回路に取り込まれる。
それは、オキサロ 酢酸と反応し、
クエン酸を生じ,
さらにアコニット酸になり、
イソクエン酸へ変化していく。

モノフルオロ酢酸も、
クエン酸回路に取り込まれるが、
クエン酸から、アコニット酸は生じない。
このため、クエン酸回路が回らなくなり、エネルギーが作れず、死んでしまう。

クエン酸から、脱水素反応で、アコニット酸が作られる過程で、
二重結合が生成し、
クエン酸から 、H とOH-が抜け、水ができ、アコニット酸になる。

しかし、フッ素は、電気陰性度が高く、F にならず、F-になる。
このため、
フルオロクエ ン酸から、F とOH-が抜け、アコニット酸が生成する事はない。

こうして、クエン酸回路が停止し、死に至る。

モノフルオロ酢酸ナトリウム、CH2FCOONa(殺鼠剤)
モノフルオロ酢酸アミド、CH2FCONH2(殺鼠剤)
も同様な働きをします。

ω-フルオロ脂肪酸

炭素数が偶数のフルオロ高級脂肪酸も、毒性は強力。
脂肪酸が代謝(β-酸化)されると、
脂肪酸鎖の炭素は、2つづつ減っていく。
最終的に、
モノフルオロ酢酸が生成され、
これが、解糖系を阻害するためです。

フッ素反対派の方は、こういうフッ素化合物を例に挙げ、

フッ素はすべて毒であると結論づける傾向があります。
極端な例を出し、すべてを否定する材料に使う。
「あなたは、こういう事をするよね だからあなたはダメなんだ」
私たちも、日ごろこういう思考に陥りやすいので、気をつけましょう。

フッ素が薬として使われた例

フッ素は、薬として注目の存在なんだそうです
多くの生体分子や薬品分子にフッ素を取り込み、
元の性質を変え、薬として作用する
フッ素を取り込んだ薬も大量にあるそうです
薬学では、注目の素材なんだそうです

フルオロウラシル(5-FU)

フッ素1つの添加で作られたとして有名な、抗がん剤です。
ウラシルは、DNAの核酸の一部。
大切な体の材料。
(核酸の塩基は、
アデニン、グアニン、シトシン、チミン、ウラシル)
フルオロウラシルは、
ウラシルの1つの水素が、フッ素に置き換わったもの。
酵素を阻害したり、
DNAに取り込まれて、DNA合成を阻害します。
だから、抗がん剤として、利用されています。


一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。