Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • お知らせ,頭痛・肩こりが歯で治る,顎関節症,歯の栄養療法,口渇 口が乾く,虫歯予防,その他

みんなタンパク不足。たんぱく質は、おやつで、楽しくとろう。

プロテイン試食・試飲ができます

プロテインを含む量

①プロテインソフトクッキー(ココア風味)

1枚で、卵2/3個とほぼ同じ(4.0g)のたんぱく質

②プロテインプリン

1個で、卵2/3個以上(5.2g)のたんぱく質

③プロテインドリンク(ココア風味)

1杯で、卵3個以上(19.2g)のたんぱく質

プロテインを飲むタイミングと正しい飲み方

①運動後30分以内にとる
「運動×プロテインの摂取」

プロテイン シェイカー

筋肉を構成するたんぱく質の合成が、運動を終えてから数時間のうちに最も活発に行われるため。
運動後に摂取するたんぱく質の量は「20~30g(体重1kgに対して0.25~0.4g)」が推奨。

②食事と一緒にとる

体内では、糖質が不足するとエネルギーを補うために、たんぱく質が使われてしまいます。
【朝食】      食パン、サラダ、プロテイン     
【筋トレ後の軽食】 おにぎり、プロテイン     
【間食として】   プロテイン(プロテインソフトクッキー、プロテインプリン)

③ 就寝前にとる

毎晩飲む必要はなく、運動した日の夜に飲むだけでも十分です。
就寝中は、筋肉量を増やす役割を担う成長ホルモンが多く分泌され、たんぱく質の吸収を高め、筋肉量を増やすことが期待できます。
※就寝直前の飲食は消化器官へ負担がかかるので、就寝の1~2時間前までには済ませる。

プロテインを飲む量

1日量 = 体重50kgの人はプロテイン50g(大さじ4杯)
何回かに分けて飲む。
(※ 体内で1度に処理できるたんぱく質量は40gまで)

お味噌汁 プロテインの摂取方法   

●牛乳や豆乳よりも、水で溶いて飲むのが良い。   

(牛乳に含まれるカゼインという成分が、腸管内での消化吸収を邪魔してしまう)

●料理に混ぜても良い     

お味噌汁などの汁物や、ホットケーキやお好み焼きなどの粉物に混ぜる。  
※食事の摂取量が少ない方は、料理に混ぜることをお勧めいたします。

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

理事長