Blog
ブログ

良い歯科、良い歯医者選びのポイント8つ

良い歯科、良い歯医者選びのポイント8つ


ご自分にぴったり合った歯科を見つけたい。
何を基準に歯科医院を選べばいいのでしょうか?

目次
  1. 良い歯科とは、人によって違う
  2. 歯科もレベル差が大きい
  3. 歯科は多く、自分にあった医院を選べる
  4. 早く済ませたいならこんな歯科がお勧め?
  5. 少しでもいい歯科にかかりたい方に、おすすめ。
  6. 本当に良い歯科にかかりたい方に、おすすめ。
  7. 良い先生に出会えたら、大切に
  8. よくある勘違い

良い歯科とは、人によって違う

ご自身の治療スタンスは?

ご自分のご希望ががはっきりしていないと何も始まりません。
ご希望というか、受診姿勢は色々あるでしょうね。

ここだけ治ればいい

痛いところだけでいい。
忙しいので、早く終わって欲しい。

保険で普通の歯医者でよい

「近くて、痛くなく、早く、安く」がいい。
多くの方が、「普通の歯科」の範囲内で、「少しでも良い歯科にかかりたい。」なのではないでしょうか?

良い歯科にかかりたい

痛くない、恐くない歯科にかかりたい。
歯が悪くて困っている。今度は良い歯科にかかりたい。
歯を一生持たせたいので、とにかく良い歯科にかかりたい。
何か普通以上のものが得られないかという期待がある。
矯正、インプラント、義歯など、特定の希望がある。

まとめ

以上のように、ひとことで「良い歯科」と言っても、人によって全然違うことが分かります。
それぞれの方の、ご希望、ご期待に応じた、歯科に出会えればよいですね。

歯科もレベル差が大きい

2-8の法則というのがあります

ある集団があると、2割の良く出来る方とその他8割に分かれるというものです。下位2割は低レベルで問題外。
とすると、本当にレベルの高い歯科は、2割しかないのかも知れません。

驚くべき技術格差がある

歯科医は、小指の先ほどの大きさの歯を扱っている、職人です。
技術に差が無いはずがないのです。
治療技術については、大学卒業後に自分で研修するしかありません。得意不得意があり、技術にものすごい差があります。
「こんな治療は誰でもできる」と、歯科医だとみんな言うようなベーシックな治療でさえ、大きな違いがあります。
例えば、歯科技工所に行きますと、日常的に行う治療として、詰め物を作るための模型が、多くの医院から集まっています。模型を見ると、中には、こんないい加減な治療があるのですか?と驚くケースもあるのです。
「良い治療はやろうと思えば出来る。いつもは時間が無いので、できなくてもしょうがない。」と「良い治療をいつも毎回おこなっている。」の違いは、「ある先生の特別」が「別の先生の日常」という位の違いがあります。
良い治療を全てのケースに行う先生は、問題意識が高く、毎回細かいノウハウを積み重ね、すごいスピードで進歩しているのです。たまにやって追いつけるものではありません。

まとめ

こんな技術差は、どの業界でもありますでしょう?
医療だけが、「どこで治療しても均質」というわけはありません。

歯科は多く、自分にあった医院を選べる

・ 全国の歯科医院数は、68,155件(H21年12月厚生労働省)。
・ 全国のコンビニ店舗数は、約4万件らしい。
こんなに歯科医院が必要なのかと思うほど多いのです。
ちなみに広島県の歯科医院数、1,549件。
こんなテレビ番組がありました。
「収入激減でワーキングプア続出!?・・・」
東京では07年4月から半年間で、437軒の診療所が閉院する程の経営難で、歯科医の年収はがた減りだそうです。
平均は800万円程度で、5人に1人は300万円以下らしい。

まとめ

これだけ多ければ、色んなレベルの医院があります。
どんな医院もそれなりに存在価値があるのでしょう。
ご自分に合った医院に行けばよいし、選べるのです。

早く済ませたいならこんな歯科がお勧め?
「1 ここだけの治療でいい」
「2 普通の歯科でいい」方が、ご希望の歯科かもしれません。
よくあるタイプの医院ですね。
「いい治療が受けたいけど、どこに受診すべきか分からない。」「以前の歯科で、期待した結果が得られなかった。」という方は、避けた方が良いかもしれません。
先生は削るだけ。あとはスタッフが対応。
先生が数人の患者さんを、同時に移動しながら治療している。
(患者さんの事より、治療時間短縮が優先なのかも?)
治療が痛い。
(麻酔は時間がいるのでしない、また治療中の追加麻酔は面倒だと思っている?)
歯科衛生士がいない。
(口腔衛生や予防をしていない?これでは歯が持ちません。)
(歯科衛生士さんは求人難ですので、仕方ないかも。衛生士不在の医院はあまりお勧めはしません。)
予約制なのに患者さんが待合室にあふれている。
(時間にルーズ?=他の事もルーズ?。治療時間をかけず、患者さんの数をこなす方針?)
「最近は医院の運営がとても厳しい。保険治療費が安いので数をこなすしかない」という事でしょうか。
こんな医院にかかられますと、一通りの治療は早く済むかもしれませんよ。
逆に、ちょっとずつしか治療が進まないので、1本の歯に長ーくかかったとも聞く事があります。
結局、治療結果は多くは期待しない方がいいかもしれませんね。
よりよい医院をご希望の方は、下記をお勧めします。

少しでもいい歯科にかかりたい方に、おすすめ

「普通の歯科でいいが、少しでも良い歯科にかかりたい。」

事前に調べるなら、ホームページでしょうか。
口コミサイト、広告は当てになりません。本当に良い歯科は、広告など大きく出さないものです。
結局は直接確認するしかないと思います。
清潔感がある。整理整頓されている。
(何事も几帳面にやって頂けるかも知れません。)
スタッフがとても親切。
(トレーニングされた接遇ではなく、人柄的に親切な感じ。
院長の雇用・姿勢がスタッフに反映していると思われます。)
治療時間を最低1時間は取ってくれる。
説明の時間がある。
先生が一人に付っきりで治療してくれる。
(お一人の事を大切にしてくれる姿勢の表れと思われます。)
予約通りに治療開始し、待合室にあまり人が待っていない。
(時間に几帳面。あくまで医院側で1日患者数を制限している場合の事です。不人気で閑古鳥なのは論外です。)
感染予防として、ライトやタービン、レントゲン設備などビニールカバーがされている。
(ビニールカバーの有無を見ただけで分かります。)
みんな手袋をしている。
(今時、常識ですね。)
ラバーダムをして治療してくれる。
(長期的な長持ちまで考えて、治療システムが作られている事が推察されます。)
拡大鏡や顕微鏡を使って、治療してくれる。
(かなりの精度で治療しておられるでしょう。ラバーダムや顕微鏡の普及率はとても低いので、巡り合うのは難しいかもしれません。)
歯を長持ちさせるためのノウハウを教えてくれる。
歯科衛生士がいる。
(本当の専門家には相当のノウハウがあります。)
治療がうまくいっているか、確認させてくれる。
(これは見るだけではダメです。うまくできた治療とはどんなものか?確認する方法があります。よほど自信がないと普通は教えてくれないでしょうね。)
これだけの条件を満たす医院ならおまかせできそうですが、全てを満たすのは難しいかも知れません。
できるだけ良い医院をお探し下さい。
本当に良い歯科をお探しでしたら、下記をお勧めします。


本当に良い歯科にかかりたい方に、おすすめ

本当に良い歯科は、直接、相談するのが一番

前記の条件はほぼ満たしていらっしゃるでしょう。
痛くないは当たり前で、ラバーダムと顕微鏡治療は日常の事。
1日患者数を制限していて、先生の予約は、1日数人だと思います。
相当な腕前と推察されます。
各分野のさらに特殊な専門もおありだと思います。
こういう先生は、何らか主張をなさっておられると思います。
私は、こんな治療をやっていますとか、
義歯の中でもこんな義歯が得意ですとか、
こんな特殊症例のインプラントができますとか、
矯正の中でもこんな治療法でやっていますとか・・・。
ホームページやメディアにも出ているでしょうし、評判も良いでしょうから、人から話をお聞きになることもあると思います。
その分野に秀でていらっしゃって、他の先生方もなかなか出来ない技術ですから、直接お話を伺う、相談してみるのが一番でしょうね。
探すのはホームページがお勧めだと思います。

注意点は、価格で決めないことだと思います

家電製品ですと「同じ物なら安い方がいい」ですが、どれを買っても品質が均一な大量生産品だからいえる事です。
医療は、どの先生が治療しても同じ結果ではないのです。
安物家電が、すぐ壊れるのと同じです。
このクラスになると、相当レベルが高いので、より顕著な違いがあります。
逆に、同じ治療結果で、こっちの先生は高くて、あっちの先生は安いという事はないのです。
レベルや手間ひまに応じた治療結果ですし治療費なのです。
よくご相談なさる事をお勧めします。

良い先生に出会えたら、大切に

どの先生方も、よいお人柄の方ばかりです。でも、その先生の毎日の治療がどんな技術レベルかは、同業者でもなかなか分からないと思います。話だけは何とでも言えます。 実際はどうか?です。 毎日、全症例についてどうか?という事です。
普通によくある歯科に見えるけど、技術と人柄が良くて、自分との相性もよい。治療は、時間をかけ、精度を追及してくれる。手を抜かない。裏切らない。治療結果の良し悪しの客観的な確認方法を教えてくれ、その検査に耐えうる結果を出す。予防方法も教えてくれる。
こんな先生が、もし身近にいらっしゃったら、それはすごく幸せなことです。
出会えた方は、お付き合いを大切になさる事をお勧めいたします。

よくある勘違い

治療が早い先生は腕がいい?

治療のレベルが80%まででよいなら、プロですから割と早くできます。
それ以上を目指すとなると、急に多くの時間がかかる様になります。
これは、細かい手作業をした事のある方、それも仕事でしている方なら、よーくお分かりだと思います。
逆に、100%の完全な治療など、人間の仕事にはあり得ません。いつまでやってもきりが無いのです。
ですから、早い治療はどのレベルの治療か、ご推察下さい。

待合室が混んでいる医院は良い医院?

混んでいるという事は、どんどん治療をこなさないといけないという事です。
つまり、お一人当たりの治療時間を短くしないとこなせない、早く治療を済ませないといけないのです。
上記と同じ理由で、治療レベルはご推察下さい。
でも、人を引き付ける何かがその医院にはあるのでしょうね?
それはそれで立派な事ではないかと思います。

内装がきれい

上記をお読みいただければ、内装と歯科医の腕は関係ない事がお分かりだと思います。
部屋が汚いのは論外です。大事なのは、医療機関として最低限守らねばならない「感染予防対策」がなされているかどうかです。院内感染防止をご覧下さい。

一覧へ戻る

この記事を書いた人