Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 虫歯になりにくい治療はこうする

フロスをしても止まらない虫歯は こんな虫歯

フロスしても止まらない虫歯

気がつかないむし歯があります


フロスをしても虫歯の穴の菌はとれません


中は材木が朽ちたよう


齲蝕検知液で虫歯を染め出します


きれいに虫歯を除去できました


表面処理


隙間なく充填 フロスもひっかかりません


肉眼ではこの位小さく見えます 顕微鏡が必須です



この例の
年代・性別 30代女性
治療法   コンポジットレジン
デメリット 歯の削除
治療時間  2時間
費用    60,500

当院のコンポジットレジン 概要 デメリットなど 詳細
https://www.alpark-dental.com/composite_resin

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。