Blog
ブログ

歯科の自由診療セミナーを開催します。

株式会社みかんケア,歯科,自由診療,自費,広島市西区,

株式会社みかんケア

☆☆自由診療へ移行したい歯科医のためのサポート
保険診療の問題を解決したい方のためのサポート
を行っています

患者数1日2人の歯科自由診療専門で、経験20年の私がサポートします


☆☆こんな理想を持つ歯科医のため
充分な時間をかけて、誠心誠意、治療に没頭したい
少数の患者さんでいいから、深いお付き合いをしたい
価値観の合った方と治療したい
かけた時間に見合った費用にして欲しい
習得した技術に見合った報酬にして欲しい


☆☆現実の問題
歯科医の感じる保険の問題
20年前は私もそうでした。


☆こんなの無理だ
例えば、
手のかかる2級レジン充填、約5,000円
歯科疾患管理料 月1回 110
歯磨き指導など 月1回 80
処置料 コンポジットレジン充填
(単純なもの 239)
複雑なもの 309
計499点

保険収入1月300万、2級レジン充填ばかりすると仮定すると、1日30.1回レジン充填をしないといけない計算になります。

私には無理です。

当院ですと、レジン充填2級、66,000円。
なんと13.2倍。


☆☆保険制度があるから、インプラント導入せざるを得ない

日本では、ほぼ全ての歯科医院が、保険医療機関としてスタートします。
国と、療養担当規則に沿った診療をしますという契約をして、保険にのっとって診療を開始できるわけです。

保険で決められた診療単価で、医院を成り立たせていくためには、1日何人の診療をしないといけないかは、自動的に決まります。

お一人にかけられる診療時間も決まります。

ある方に時間をかけると、他の方は短く済ませないといけません。

みなさんに充分な時間をかけると、医院が運営できなくなります。

そのため、高単価のインプラントを治療計画に組み込みたくなります。

根管治療で済む歯を、抜いてインプラントにした方がいいと、勧める事にもつながりかねません。


また、予防で、患者を囲い込む必要、大ありですね。


☆☆どうすればいいか

☆結論
費用がかかってもいいから、ちゃんとした治療を受けたい
という方とお付き合いする

そのために、医院を知ってもらう必要がある
ホームページなどで必要な方へ、必要な情報を届ける
どんなサイトが良いのか?
どの様にサイトを運営すれば良いのか?
サイト製作、改造に当たり、何を準備すればいいのか?

○ どの様な検査をして、治療開始まで、どの様に患者さんをサポートすれば良いのか?

ご来院なさった方が、正しい現状認識と、明るい未来を描けるよう、サポートする。

患者さんは、ご自分で学んで、ご自分で決めて、治療を選んで、スタートする。

単にう蝕であっても、原因は多因子の疾患であり、栄養、代謝、心理などの認識と、サポートが必要となる。


○初診の問題
初診カウンセリングなど、治療終了まで、何回もカウンセリングの機会があるが、担当歯科医の心のケアがなされていないと、カウンセリングにならない。

カウンセリングは、単純に極論すると、共感と信頼と言われている。

しかし、
担当歯科医の心のシャドウ、歪んだ価値観、コンプレックスなどがあると、共感過程に問題が生じ、相談者を傷つける事になる。

カウンセリング初心者では、説明してしまったり、価値観を対立させたりして、聴くことすらできない事が多い。


○結局、何のために歯科医療をしたいのか?
患者さんと、スタッフ、自分のため。
患者さんをパッピーにしたいわけです。
治療しましたよ。だけで、パッピーになるかと言えば、そんなことはありません。
どの様に説明してあげれば、より喜んでもらえるのか?
疾患を予防し、よりパッピーになってもらうために、毎回、心理療法を組み込んでいます。


○費用の問題をどうクリアすればいいのか?
上述の様に、当院と保険の差は、13.2倍。
どうすれば、この費用でも治療が受けたいという事になるのか?

この様に、保険診療と自由診療との間には、大きな谷があり、超える事はなかなか困難がある。


☆☆最も大切と感じている事
長持ちするために治療レベルが高い事
より幸せになるための心理アプローチ
この2つが、最も大切と思っています。

恐らく、保険メインの先生方には、想像もつかないと思います。

では、どうすれば良いのか?

自由診療専門で、経験20年の私がサポートします


☆☆特別プレゼント
治療計画プレゼンテーションソフト

サポートの先生には、当院で使っているプレゼンテーションソフトを差し上げます。
ご自由にお使いください。

自由診療20年の中で、練り上げ、何度も改良してきたソフトです。

患者さんに、より分かりやすく、意思決定を助け、治療中の道しるべになるものです。

自費率を上げるとか、歯科医中心のソフトではありません。

あくまで、患者さんの理解や自己決定を助けるものです。

このソフトでは、データベースに関する特許を取得していますので、他への配布、販売は禁止します。
違反の場合は必ず法的措置を取らせていただきます。

(ファイルメーカーというソフトは、ご自身でご準備ください。)


☆☆「みかんケア」とは

未完了の感情のケアという意味です。

人間が社会生活をしていく中で、日々感じている、葛藤、抑圧、後悔、重圧などがありますよね。
それらを、未完了の感情と言います。
未完了の感情は、いつの間にか、人間生活に大きく影響していますよ。
だからケアしていく必要があるんだけど、医院に来てできることは、時間的に限りがある。
だから、いつでもご自分でケアできるようになって欲しい。
そのために、毎回、心理的なアプローチをするから、習得して欲しいんです。
という事です。

そんな事から、「みかんケア」という社名にしました。

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。