Blog
ブログ

赤血球の連銭形成、改善しています。


赤血球の連銭形成とは、左の様に、赤血球が重なる事です。血が固まる(凝固)のではなく、血液は液体ですが、血球成分が互いにひっついている。右の方が血液は流れやすいですよねという事です。
毛細血管は、赤血球の直径より細い。 
狭い毛細血管の中を、赤血球は変形して流れていく。
赤血球がバラバラの方が、より流れやすいだろう。
誰でもそう思いますよね。

連銭の写真

朝、赤血球を顕微鏡で記録したものです。
ほぼすべての赤血球が、連銭を形成しているようです。
赤血球を確認後、あるものを服用いただきました。

連銭が改善した写真

3時間後、同じ場所から血液をとりました。
赤血球の連銭が改善し、赤血球がバラバラに近くなっています。
1回で改善しましたから、とても、喜んで頂けました。

アポイントが半日だからできる

当院のアポイントは半日ですから、
服用したものが吸収された後の体の状態も、その日に確認できます。

当院では、全ての方に赤血球の連銭形成も確認し、
栄養・食事のアドバイスをおこなっております。

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。