Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯科恐怖症 ほぼ痛くなかった治療

親知らずの抜歯が、ほぼ無痛でできました


痛くなく親知らずが抜歯できたので、お喜びです。

抜歯後の、患者さんとのツーショットです。
目次

  1. どんな、親知らずだったのでしょうか?
  2. 伝達麻酔の進化など
  3. ご注意

1、どんな、親知らずだったのでしょうか?

よくある親知らずです


こんなタイプの親知らずの抜歯は、そんなに難しくありません。親知らずの頭(歯冠)の大部分が見えています。
難しいのは、歯茎に隠れて全く見えない、レントゲンで見ると、真横になっている、という親知らずです。
すでに、麻酔は充分効いています。

分割抜歯


7番目の奥歯(第2大臼歯)の後ろに、親知らずが食い込んでいますので、親知らずの歯冠を適切な大きさだけ、落とします。

分割片の除去


歯冠の一部は、確実に取り出します。

いよいよ抜歯です


へーベルとか、エレベーターと呼ばれる抜歯用器具で、親知らずを穴から取り出します。

出てきました


抜歯後の穴です


削除粉や、親知らず周囲にいた菌を、きれいに洗浄します。
穴は、数か月後には、何事もなかったかのように、平らになります。

抜歯後は、ガーゼを噛みます


止血のため、ガーゼを噛みます。

親知らずと削除片


短くずんくりとした、かわいい親知らずでした。

2、伝達麻酔の進化など

以上の、親知らずの抜歯は、麻酔から、全く無痛で治療できました。伝達麻酔の進化のおかげです。 
今回の下顎孔伝達麻酔法は、近位伝達麻酔法と言います。針の入れる深さは浅く、薬液の量が少なくても、安全に適切な麻酔が得られるものです。
以前の下顎孔伝達麻酔は、針を入れる深さも深く、量も数倍必要でしたし、神経を傷つける可能性があったので、敬遠されがちだったのです。

新しい下顎孔伝達麻酔の特徴

  • 安全。針を深く入れないので、神経に針先が当たる事がなく、安全です。 
  • 確実。麻酔が効かず、麻酔のやり直しという事がほとんどありません。時間の節約にもなります。 

今回は、念のため、浸潤麻酔を、外側寄りにもう1本追加してあります。

麻酔法の研究

当院の様に、無痛麻酔、無痛治療を心がける医院は、常に麻酔法の研究をおこたりません。 最近では、麻酔も、顕微鏡を用いて行うようになりました。針先の繊細な扱いができるのです。

3、ご注意

当院は、親知らずの抜歯だけという単発のご依頼は、お引き受けできかねます。
当院は、「20年 虫歯 歯周病なし」を実現したいという、自由診療専門の歯科医院です。
よろしくお願いいたします。

この例の
年代・性別   30代女性
治療法     抜歯
デメリット   外科手術が必要
治療時間 回数 2時間1回
費用      25,300
当院の標準的な 抜歯 費用
https://alpark-dental.com/toothextraction_price

一覧へ戻る

この記事を書いた人