Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 虫歯になりにくい治療はこうする

小さな虫歯でも案外大きい コンポジットレジン 奥歯の噛み合わせ

小さな虫歯でも案外大きい コンポジットレジン 奥歯の噛み合わせ

大臼歯の噛み合わせのよくある虫歯です


ピンクのラバーダムをかけています。
噛み合わせの溝に着色があります。
これが、意外と大きな虫歯なのです。 虫歯にならないお口になるには、見逃してはいけないレベルの虫歯です。

中で広がっています


赤く染めた部分が残っている虫歯です。
エナメル質の硬い殻を小さな穴で破った虫歯は、象牙質の中で広がっているのです。

虫歯の除去


軟らかいう蝕象牙質を除去します。
健康な象牙質は硬いので削れません。
エキスカベーターという器具で、耳垢の様にかき出します。
虫歯にならない治療では、虫歯だけ除去し、健全な歯質をオーバーに削らないよう、慎重に除去します。時間がかかります。

溝の虫歯


周囲の溝の奥に虫歯が残っています。

再度、う蝕検知液


軟化象牙質の取り残しがないか、何度もう蝕検知液で調べます。 虫歯にならない治療では、何度もチェックする慎重さと時間の余裕が必要です。

エナメル質のみエッチング処理します


ボンディング剤という接着材がよく接着するよう、エナメル質のみ処理します。 内部の象牙質にはエッチング材をつけてはいけません。接着力が極端に低下します。

コンポジットレジン充填


オレンジフィルターを通して顕微鏡で見ます。レジンはオレンジ色で硬化せず、青色光で硬化するという特性があるからです。
接着材(ボンディング剤)で処理し、まず液状のフロアブル(流動しやすい)コンポジットレジンを窩底部に充填し、充填後の咬合痛を防ぎます。その上から、硬いペースト状のコンポジットレジンを充填します。

光重合


光で硬化させます。

コンポジットレジン充填後


歯とコンポジットレジンの間には、どこにも隙間がありません。 このように、菌の入り込む隙間がない精密な治療をします。 今後は、この歯を歯ブラシでお手入れするとサッと菌が落ち、長期に渡って虫歯は起きてこないでしょう。
ここまで丁寧に治療しますと、内部からの虫歯の再発はほぼ皆無です。
歯とコンポジットレジンの境目が分からない位、色が良く合っています。こんな状態で、もし、内部の治療がいい加減だったら、将来虫歯が再発した時、神経に近い深部の再治療は非常に困難です。色が似ているので、歯とレジンの境目が分からないのです。将来に苦労を残さないよう、コンポジットレジン充填で治療なさる時は、本当に信頼できる医院で治療なさってください。

虫歯を防ぐ治療

虫歯にならない治療では、治療後に、詰め物と歯の間に、菌が入る隙間がない事が必要です。
顕微鏡を使わない、肉眼での治療は、一見うまく行っている様に見えても、細かいエラーが沢山あるものです。
当院では、顕微鏡で拡大して治療することで、小さなエラーも防げ、虫歯にならない治療ができます。
多少時間がかかるのはご了承下さいませ。


この例の
年代・性別 10代女性
治療法   コンポジットレジン
デメリット 歯の削除
治療時間  2時間
費用    56,100

当院のコンポジットレジン 概要 デメリットなど 詳細
https://www.alpark-dental.com/composite_resin

一覧へ戻る

この記事を書いた人