Blog
ブログ

歯が悪いと孤独な食事になるかも。みんなで食べても、孤食とは?

「歯が悪いと、孤独な食事になるかも。」みんなで食べても孤食とは?

「でも、防げる可能性が高い!そのために頑張る!」

人生のリスクの一つに、歯のリスクがあります。
もしかすると、そのリスクがある事すら知らない方もおられるでしょう。

ぜひご存知になり、早いうちに、対策をして頂けたらと思います。

歯が悪いのを放置すると、ご飯がよく噛めません。
「入れ歯にすればいいじゃん」と思うかもしれません。
何百もの入れ歯を扱ってきた者が申します。
大きな入れ歯は、噛むのが非常に難しい。
特に、下の入れ歯は、噛むと痛い事が多い。
同じ力がかかっても、下の粘膜は、上より弱いからです。

もし、
「インプラントは異物だからいや、入れ歯にする」
または、「放置する」と、どうなるか?

ご家族とは、別の食事になる事がよくあるのです。

歯が悪い方用の、軟らかく調理した食事になります。大げさに言うと、流動食。

お食事は、ご家族が集まる場です。
ご家族は、硬いお肉・野菜などバリバリと食べて、
「美味しいねー」とか言っているのに、
その会話に入れないのです。

食事を共にしているのに、一緒じゃない。
寂しい。。。
みんなで食べてと、その場を離れる、、、

これが、みんなで食べているのに孤食になるという事です。


さらに、
調理は、毎食、2種類用意する事になり、手間がかかります。
それは大変ですから、そのうち、いつも似た様な調理になってくるかも知れません。

いつも同じ食事、、、
気分も変わりませんし、飽きて、食事が楽しくなくなります。
活力が失われます。。。

もし、そうなら、
食事の宅配サービスなどをご利用もお考えください。



また、
実際に、歯が悪いと、栄養が悪いという報告があります。
体にも悪く、色んな病気になりやすいかもしれません。

栄養が悪いと、気分や性格にも影響しますから、
もしかして、怒りっぽくなったりして、ご家族との関係も悪くなりかねません。

管理栄養士さんが、『食事の好き嫌いがある人は、施設内で、明らかに人間関係が良くない。嫌われている」と、報告しているくらいです。


これらは、あらかじめ、分かっているリスクですから、早めに対策をすれば、避けられる可能性が高いのです。


では、『インプラントにすれば?」とおっしゃるかもしれません。
多大な費用をかけて、異物を入れる外科手術をしないといけません。

そんな事になるより、早めに対策をすれば、自分の歯ですごせるのです。


実際、当院にお越しの方は、
「60才になる前に、歯の治療をしておきたかった。」とおっしゃる方が、よくおられます。
素晴らしいと思います。

治療後は、『心配がなくなった」とおっしゃっていただけます。


「漠然とした不安を感じる。それに備えておきたい。」
「美味しい食事をしながら、ご家族と楽しく暮らしたい。」

私は、そういうみなさんのご心配・願いを分かっています。
私も同じだからです。


歯を治すと、
味が良く感じられ、ご飯が美味しくなったり、
呼吸が良くできる、
頭痛・肩こりなどが軽減される、
舌痛症や舌ガン、糖尿、脳梗塞、認知症などのリスクが軽減するなど、

さらに、栄養を補うと、
全身や精神、美容にも良い事は、お分かりでしょう。
良い事ばかりですね。


だから、みなさんの楽しい生活のために、一生懸命、治療しようと思いますし、
『20年、虫歯なし』が実現できる様、
より良い治療ができる様、毎日、努力しています。

早めの方が、早く治ります。
歯の問題があれば、ぜひ、私にご相談ください。


一覧へ戻る

この記事を書いた人