Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯科恐怖症 ほぼ痛くなかった治療

ほぼ痛くなかった、小学生の小さい親知らずの抜歯。親知らずの抜歯は小さい時が楽です。

ほぼ痛くなかった、小学生の親知らずの抜歯。
親知らずが小さい卵(歯胚)の時が楽。

親知らずは、小学生のうちに取った方が、よほど楽です。
親知らずが、表面にあり、小さいからです。
小学生の小さな女の子ですが、痛くない処置をおこなえました。
終了後は、笑顔でお母さんの元に帰っていかれました。
よかったですね。

伝達麻酔です

小学生の小さい親知らずの抜歯,痛くないように麻酔している画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

麻酔も痛くありません。
小学生のかわいい女の子の麻酔ですが、全く痛くありません。
矢印の先には、「ピースサイン」です。

親知らず歯胚の場所

小学生の小さい親知らずの抜歯,親知らずの位置の写真,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

子供さんの親知らずの卵(歯胚)は、第一大臼歯の後ろの後ろです。矢印のあたりになります。

親知らず歯胚の抜歯(摘出)

小学生の小さい親知らずの抜歯,歯胚の摘出した画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

出てきた組織は、象牙質(歯根など)のもとになる組織です。ぷよぷよで柔らかい組織です。
もちろん、抜歯中も痛くないんですよ。
このあと、一部が完成した歯の頭の部分(歯冠)を取り出して終わりです。

縫合

小学生の小さい親知らずの抜歯,縫合の写真,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

縫合はゆるく行うだけで大丈夫です。

抜歯(摘出)した親知らず卵(歯胚)

小学生の小さい親知らずの抜歯,抜歯した親知らずの画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

抜歯(摘出)した、
上、軟かい象牙質の元になる組織、
下の二つ、硬い親知らずの頭(歯冠)です。
親知らずの痛みや抜歯で苦労なさったご両親は、小学生で、親知らずの卵(歯胚)が小さいうちに、抜歯(摘出)をご検討なさるといいと思います。

高校生の親知らずの抜歯

高校生の小さい親知らずの抜歯,親知らずのせいで第2大臼歯が生える事ができない写真,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

矯正中の高校生の女の子です。
矢印の所に親知らずがあり、第2永久歯が生えきれなくなっているのです。

高校生の小さい親知らずの抜歯,親知らずと下顎神経のCT画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

親知らずのCT画像(赤矢印)。
下顎神経(赤ライン)。下あごの骨の中を通っている神経です。

親知らずが下顎神経に触れていたりすると、
親知らずの抜歯の時に、神経に麻痺が生じたりします。
必ず、親知らずと、神経との距離をCTで測定します。

高校生の小さい親知らずの抜歯,親知らずと下顎神経の距離のサジタル画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

横から見た、小さい親知らずと、下顎神経の距離です。
2.3mm程度。

高校生の小さい親知らずの抜歯,親知らずと下顎神経の距離のコロナル画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

後方から見た、小さい親知らずと、下顎神経の距離です。
2.5mm程度。
2方向から見て確認します。

親知らずと、下顎神経は、はっきりと距離がありますから、
比較的安全と思えます。

高校生の小さい親知らずの抜歯,粘膜を剝離した写真,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

粘膜を少し開けました。
赤矢印、親知らず
黄矢印、第2大臼歯は内側に傾いています。

高校生の小さい親知らずの抜歯,親知らずを分割した画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

親知らずを分割します。

高校生の小さい親知らずの抜歯,親知らずを摘出している画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

分割した親知らずを摘出します。

第1大臼歯(赤)の生えている方向と、
第2大臼歯(黄)の生えている方向は、かなり違っています。
第2大臼歯が、親知らずのせいで、内側にずれて生えているのです。

高校生の小さい親知らずの抜歯,抜歯した親知らずの画像,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

小さい親知らず。
成長の途中ですから、少し小さい親知らずです。
根が完成すると、赤線の様になるでしょう。

親知らずが小さいうちに抜歯できて良かったですね。
麻酔も、痛くないように気を付けてしました。
抜歯も、痛くなくできました。

親知らずを小さい順に並べています。

子供の時、親知らずが小さいうちに、抜歯することがどれだけ有利か、比べてみてください。

子供の小さい親知らず(歯胚)のCT画像,8才,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

子供の親知らず(歯胚)8才。

まず見方から。
矢印の先、赤丸の部分が親知らずの卵(歯胚)です。

小学生の小さい親知らず(歯胚)のCT画像,8才,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

親知らずは、小さく、上にあり、抜きやすい。
矢印の先に、黒っぽい丸い部分があります。これが親知らずの卵(歯胚)です。
他の歯の大きさと比べて、1/3くらいの大きさで、小さい事が分かります。
親知らずの位置は、顎の骨の上の方(表面近く)にある事が分かります。

小学生の頃、親知らずが小さく、表面にある時に摘出できれば、楽なわけです。

子供の小さい親知らず(歯胚)のCT画像,11才,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

11才。

親知らずの卵(歯胚)が、部分的に硬くなっている(石灰化)のが分かります。
エナメル質が一部できてきています。

高校生の小さい親知らずのCT画像,17才,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

17才。

だいぶ親知らずが大きくなってきました。

大人の親知らずのCT画像,21才,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

21才。

大人の親知らずです。
手前に傾き、手前の歯に当たっています。その部分が虫歯になる事もよくあります。
できるだけ早期に、(手前の歯がダメージを受ける前に、ダメージが少ないうちに)親知らずを抜歯なさる事をお勧めします。
親知らずを大人になって抜くと大変ですよね。

ひどいと、ドライソケットといって、抜いた跡に激痛が長く続いたりします。
そんなリスクも知って、「一生に1回の事なので」と、思い切って親知らずの抜歯をなさる方には、敬意すら感じます。
その勇気、すばらしい・・・

親知らずがない場合もあります。

親知らず(歯胚)がないCT画像,8才,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

8才。

親知らずのない子供さん。
親知らずの卵(歯胚)が入る空洞がありません。
この方は、親知らずがないと思われます。
一生、親知らずで悩まされることはありません。
これはこれで、良い事だと思います。

親知らずがないからと言って、何か変なわけではなく、
現代人は親知らずは不要ですから、人類の進化とも言えるのでしょう。

この例の
年代・性別   小学生女性
治療法     抜歯
デメリット   外科手術が必要
治療時間 回数 2時間1回
費用      25,300

当院の標準的な 抜歯 費用
https://alpark-dental.com/toothextraction_price

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。