Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯の神経を取らない治療(覆髄)

歯の神経を取らない、神経を抜かない治療は、間接覆髄といいます

歯の神経を取らない、神経を抜かない治療は、間接覆髄といいます

昔治療した所が内部から虫歯になるのを防ぎたい


放置して、しみる虫歯を、ほぼ痛くない治療で治します


ひどい虫歯 神経を抜かないで治療できます


間接覆髄 大臼歯 ケース

虫歯の除去をマイクロスコープで行います


神経を取ると、どんどん歯がなくなってしまう


ほぼ痛くない虫歯治療ができました


歯がしみる マイクロスコープで治療します


親知らずの抜歯 ケース

親知らずの抜歯もほぼ無痛でできました


ほぼ痛くない、子供さんの親知らず歯胚の抜歯


ヒビが入った歯のケース

歯が割れた マイクロスコープで治療します


その他・治療の経過 ケース

全体でバランス良く噛めるようになりたい


黒い虫歯 治すならきちんと治したい


長年歯医者に行ってなくてボロボロ


詰め物の違和感がなくならなくて来院 ラバーダムを使う


抜歯が全く痛くなくてびっくり


これ以上虫歯治療を繰り返したくない





この例の
年代・性別   種々
治療法     覆髄
デメリット   時間がかかる
治療時間 回数 2時間1回 × 必要回数分
費用      60,500   × 必要回数分

当院の標準的な 覆髄 費用
https://alpark-dental.com/pulpcapping_price

一覧へ戻る

この記事を書いた人