Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 虫歯になりにくい治療はこうする,ホワイトニング,その他

セレック・オールセラミック冠の白くきれいなクラウン 審美歯科治療

セレック・オールセラミック冠の白くきれいなクラウン 審美歯科治療

オールセラミック冠を診療室で作成する素晴らしいシステムです。
精密な信頼性の高いオールセラミック冠の治療が、1回で完結するのですから、本当に驚異的です。ヨーロッパ製。


加工中のセレック。
歯型をカメラで撮影し、そのデータでコンピューターが冠や詰め物を設計し、ミリングマシンでセラミックブロックを精密に削りだし、オールセラミック冠を製作するのです。
診療室では、ご自身のセレック冠の加工をご覧頂けます。

セレックACシステム

セレックの器材


右のコンピューターでカメラによる撮影と設計、左のミリングマシンでオールセラミック冠の削りだし加工が行われます。

歯型の読込み

コンピューター上の歯のデータ


コンピューターに取り込まれた歯のデータです。

修復物の設計

冠の設計

コンピューター上で詳細に設計されます。上下の歯の咬む強さ、隣の歯との接触圧など。



これがセレックブロックと言うセラミックブロックです。


コンピューター上では、セレックブロックの中に冠が設計されているのが表示されます。


冠の表と裏が、この様に設計されているという事です。

修復物の加工

削りだし加工

ミリングマシンにオールセラミックブロックを取り付けます。


ダイヤモンドポイントによって加工されています。


修復物の完成

完成したセレックの冠

研磨後は艶々です。

模型に入れたセレックの冠。
できあがったオールセラミック冠は精度が非常に高く、模型ぴったりに出来上がっています。
パラメーターという数値を設定することにより、形を自動的に制御できるのです。

このような信頼性の高いオールセラミック冠の治療が、1回で完結するのですから、本当に驚異的です。

詰め物は、金属から白いセラミックへ

金属の詰め物の頃

当院では、金属の詰め物(インレー)やセラミックの冠(クラウン)は、とても良い適合精度で治療を行えます。
しかし、金属で詰め物をすると、お口の中にギラギラした金属色の歯が多くなってしまうのです。
詰め物がぴったり適合して清潔になり、歯を長持ちさせることができても、歯が金属色になってはガッカリです。
とにかく、金属色は嫌われるようになりました。

白い詰め物へ移行

上の様に、金属から白色系の詰め物=コンポジットレジンやセラミックに移行していくのは、時代の要請です。
このような状況で、セレックという即日セラミック修復システムが改良されて、実用レベルになってきたのです。
では、単にセレックを導入すれば良いかというと、そうはいきません。
基本的作業である歯の形成(削り方)も、辺縁を機械にはっきり認識させるため、従来よりも何倍もの精度で形成してあげなくてはなりません。
インレーは特に難しく、従来型のやり方だと希望の精度が得られません。色んな試行錯誤が必要で、とても苦労させられました。
しかし、今ではインレーも精度を安定化でき、毎日の治療に組み込んであります。
ここまで来るには、さまざまな工夫が必要でした。
この様な苦労の結果、治療後の患者さんのお口は真っ白な歯になり、徹底したお手入れもあり、とても清潔感あるお口になるのです。


この例の
年代・性別   30代女性
治療法     セラミック
デメリット   歯の削除
治療時間 回数 2時間2回-3回
費用      210,100

当院の標準的な セラミック 費用
https://alpark-dental.com/ceramic_price

一覧へ戻る

この記事を書いた人