Blog
ブログ

  • TOP
  • ブログ
  • 歯科恐怖症 ほぼ痛くなかった治療,その他

麻酔の痛み、これなら少ない。世界一細い歯科用注射針0.23mm 2020年時点。

シャーペンの芯より細い歯科用注射針です

これが35Gの注射針
2020年時点、世界一細い。
直径0.23mm。
0.3mmのシャーペンの芯より細い物です

どの位細いか、他の注射針と比べてみましょう

これが21G直径0.8mmの針です
採血の時に、一般的に使われているものです

並べてみますと、こんなに違います


21Gの中に、35Gが入ります
何本も入りそうです

組織の損傷は、細いほうが明らかに少ないです
どちらが痛くないかは、
比べなくてもわかりますね

もし選んでいいのでしたら、
僕でしたら、
細い方でお願いしますと言います

太さと痛みは関連はないという昔の論文

だから、高価な細い針は必要ないとおっしゃる方も、過去には散見されました。

しかし、今の細い針は、本当に細いです
高価でも、
細いから楽だと、
思える方がいいです

刺入の仕方によっても、全然痛さが違います

スパッと刺入すると、
全然痛くないです

ジワーと刺入すると、
めちゃくちゃ痛いです

総合的対応で痛みを感じなくしています

  • 麻酔の機材や手技の工夫と共に、
  • 優しい対応、
  • ゆっくりくつろげる雰囲気、
  • プライバシー性、
  • 快適性、
  • アロマ、
  • 音楽、
  • 当院特長の未完の気持ちケア、
  • 分子栄養学的対応、
  • 冷えとりホッカイロ
  • (うちではこう呼んでいる物があります)を、
  • 何ヶ所か置き、お体を温める とてもリラックスできます

など、総合的対応が、とても効果があります

患者さんのご返答

麻酔をしている時、お聞きしてみます
「どうですか?」

お答えは、
「?、、、何も感じません」

何の事かも指定していない、
全くオープンな質問です 
何も誘導していません

痛くなく麻酔ができて、
良かったなーと、いつも思います

根本的な事

当院は、治療時間が、基本、半日だから、色んな配慮ができます
上記の工夫をしたとしても、
第一に、先生が、時間に追われ、焦っている事が、一番良くありません
それは、患者さんに伝わり、不安につながります
当院のように、治療時間が半日ですと、何も焦ることはありません
また、個室的雰囲気は大切ですね
床屋のような、横に何台も治療台が並んでいて、
隣で人が治療されているような中で、くつろげと言われてもねー、、、

笑気ガスは?

笑気ガスは、
吸うと気持ちよくなるという医療用ガスです
歯科恐怖症の方の、歯科治療時に用いると、
怖くなく、歯の治療ができるでしょう
というものです

しかし、
強烈な温室効果ガスです

吸ってもらった後は、
鼻から大気中に拡散し、
戻せません

歯科が怖い方の治療時に、
笑気ガスの併用も考えましたが、
強烈な温室効果ガスという事で、使用をやめました

温暖化の今では、
笑気を使わずに、
歯科恐怖症の方が治療できるように、
怖くない治療を頑張る というのが
順当なやり方と思います

一覧へ戻る

この記事を書いた人

亀田 浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。
長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い歯科医療に携わりたく、自由診療専門に転換し、歯科医5人まで拡大。
その後、内容の深さを重視する診療に転換し、患者数1日2人にする。
一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。
目標「あなたもできる20年虫歯なし」
そのために大切な事3つ。1、ホリスティック(全人的)な対応。2、精密で長持ちする治療。3、楽な治療(痛みを感じず、寝る事ができる)。
特に大切にしているのは、ホリスティックな対応。1、患者さんの心配を解消し、前に進む勇気を得る。2、歯の問題を学びとし、心をセルフケアする。3、よりハッピーな人生になる。